137aaa098879b80f089f20b4f1f55b4e

『ハリー・ポッター』シリーズ イケメンまとめ2

言わずと知れた名作『ハリー・ポッター』シリーズ。
今回はハリーたちより少しだけお兄さん世代から、イケメンをお送りします。
更新日: 2014年05月14日 23:18
11002views

フレッド・ウィーズリーとジョージ・ウィーズリー

髪は赤毛で、顔はそばかすだらけ。ウィーズリー家の中では比較的背が低いが(弟のロンよりも低い)、体格はがっしりとしている。外見は瓜二つで、家族でさえ区別が付かないほど。

ロンのすぐ上、双子のお兄ちゃんです。
フレッドが兄で、ジョージが弟なんですけど、
フレッドは行動的で冗談が多くて、ジョージは冷静で周囲を気遣えるんですって!
双子だけど、ちょっとずつ性格が違うのって素敵だなあ~

リー・ジョーダン

ホグワーツ魔法魔術学校グリフィンドール寮に所属する、ハリー・ポッターの2学年上の生徒。アフリカ系のドレッドヘアの少年。同級生のフレッドとジョージ・ウィーズリーとは親友で、3人で悪戯を企てることも多い。
寮対抗クィディッチ試合では実況解説を務める。彼の実況はグリフィンドールびいきであり、その事からスリザリンからはブーイングが多い。
またクィディッチ用箒のマニアでもあるようで、ハリーが初めてファイアボルトで試合に臨んだ時には、ファイアボルトの素晴らしさを観客に向かって饒舌に喋った。
このようなことから実況中にミネルバ・マクゴナガルから怒られることが多いが、6巻(リーの卒業後)では実況解説がザカリアス・スミスやルーナ・ラブグッドになるなど二転三転し、しかもいずれの実況解説もリーほどのキレがなかったことから、彼がいかにこの役に適任だったか窺える。

成長したリーがイケメンすぎて;; 目がつぶれる;;
大人リーの実況は饒舌さが少し落ち着いて、知的な冗談をたまに混ぜてくれそうです。

オリバー・ウッド

ホグワーツ魔法魔術学校グリフィンドール寮に所属する、ハリー・ポッターより4学年上の生徒。パーシー・ウィーズリーやマーカス・フリントとは学年が同じである。
3巻まで、寮対抗クィディッチ試合のグリフィンドール代表チームのキーパー及びキャプテンを務めた。クィディッチをこよなく愛し、クィディッチにかける情熱は人一倍強い。特に最終年次だった3巻での優勝にかける思いには鬼気迫るものがあった。
ホグワーツ卒業後は、プロのクィディッチチーム「パドルミア・ユナイテッド」の2軍選手となり、クィデッチワールドカップでハリーに会ったとき、そのことを伝えた。
ウッドのクィディッチにかける情熱は、ウッド本人の卒業後もたびたび後輩にネタにされ、5巻では「アンジェリーナに(ウッドの)魂が乗り移ってるみたいだぜ」、6巻では「ウッドならスリザリンチームを可能なら全員殺ったかもしれない」などというセリフが登場する。

実は数多くいる脇役の中で、1,2を争うくらいウッドが好きです。
ウッドを主人公にして、スポ根クィディッチ映画を撮ってください!