E3855c23d7811eb039f6416efe5fb0c2

個人的おすすめ商業BL【SHOOWA】

「これは誰かに教えたい!」「でも身近に腐女子がいない!」
そんな私が紹介する商業BLまとめです。
更新日: 2014年03月25日 22:29
4326views

イベリコ豚と恋と椿。

不良高校生達が入江(通称・イベリコさん)を慕い集まりいつの間にか「イベリコ豚」という名が轟くまでに膨れ上がったイカレ集団。
地域のゴミ拾いやリサイクル品の無料譲渡などの活動を主にやっています。

イベリコ豚にポイ捨て疑惑をかけられて睨み合う椿と、仲裁に入ったイベリコさん家は世に言う「ロミジュリ」関係にあたる。
それを知らずに椿はイベリコさんに男惚れしていく。でも関係が舎弟達にバレてイベリコさんに「次会ったら殺す」とまで言われ、暴れて、
でもイベリコさんを諦められなくて?イベリコさん家に乗り込んじゃうっていうww

後半はイベリコのストッパー・クールビューティー・吉宗に惚れているポーカーフェイスな熱い男・源路との話し。こっちの方がページ数が多く、過去編とかもリアルで怖い。

mikiさんのレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/AMQH1BQ6MS2YF/ref=cm_cr_dp_pdp

可愛い見た目で乙女思考でー、みたいな受がBLには多いと思うんですが、これは受が男らしくてイイ!

クルクルさんのレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A1JLY3AQFTM2B2/ref=cm_cr_pr_pdp

ギャグ中心ですが意外とシリアスな場面もあったりして飽きさせません。
「作者の頭の中は一体どうなっとるんや!」と、戸惑うほどギャグ力が半端ではありません。笑
まさに革命児、です。

minaさんのレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A37WNM4QLWAZIL/ref=cm_cr_dp_pdp

一時期話題になった本なので、御存じの方もいらっしゃるのでは?
イベリコ&椿と源路&吉宗を比べると、お話の落差がすごいすごい……。
後者はリアルで、ハードな描写も多いです。
けれども一冊読み終えて、また冒頭に帰ってくると
メインに隠れて口数が少ない人たちの気持ちが読める気がします。

向日性のとびら

欧州の古都で暮らすシス・ベゲットは、突然亡くなった兄の養子・カイと同居を始めた。ところが、カイは夜毎シスのベッドに潜り込んでくるのだ。17歳のカイの大胆な行動に、大人のシスは翻弄されてしまうが…。一途な恋が心を揺さぶる禁断のドラマチックラブが描き下ろし付で登場!!

内容紹介

BLって懐の広いジャンルなんだなぁ、と名作に出会うたび感じます。
骨子にはボーイズでラブな成分があるのですが、メインはCIAや特殊研究機関、陰謀と秘密と駆け引きと家族愛と、ではないでしょうか?

鳥モモさんのレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/AVXZS8X7DIMIH/ref=cm_cr_dp_pdp

BLなんだけど、最後のくだりはまるで映画を見ているみたいでした。独特のコマ使いや世界観が一度読むとクセになります。

わたげさんのレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A2FBS6DEG5QATT/ref=cm_cr_pr_pdp

お話が複雑だったのですが、繰り返し読むことで理解できる作品。
サクッとライトなBLを楽しみたい人には向かないかもしれません。
でも、その分二人の苦悩が伝わってくる!
なんだか映画を見ているような気持ちになりました。

パパ’sアサシン。~龍之介は飛んでゆく。~

高校生の龍之介は、常にモテる男前の父・ダニエルと二人暮らしをしている。
龍之介は知らされていないが、14年前ダニエルがある女性から託された子どもだった。
気の置けない友達もいて、楽しい毎日を送る龍之介。
けれど、ダニエルには言えない秘密を抱えていて・・・!?

内容紹介

今巻はエロは少なめですが、とにかく登場人物全員のフェロモンが全開です。
ダニエルパパとヴィスさんは、マッチョな体にアゴ髭のフェロモンがプンプン。
龍之介も、美少年の可愛いオーラをプンプンさせてます。

何度も読み返すと、サラッと書かれていたセリフに重要な意味があったり、伏線が解かれていくたびに、なにげないコマの重要な意味に気がついたり…。
そういう部分も、SHOOWA作品の面白さです。

メルロンさんのレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A1CTPK92F2NAEK/ref=cm_cr_dp_pdp

龍之介の伝えることができない恋心に
すっごく胸が締め付けられました…切なすぎます…!

日名子さんのレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/ADEO0PE66K03S/ref=cm_cr_dp_pdp

タイトルに「?」となり、表紙を見て即堕ち。
「こんなイケメンが出てくるの!??」と友人に詰め寄ったのもいい思い出です。
読んでいくうちに、お父さんのイケメン具合が半端ないことに気付くのですが、
その時には龍之介の切ない気持ちも理解できるようになってしまっていて;;
もうはやく二人とも幸せになって!と願う次第であります。