F0b0c077f04b60b57fcfcb0c6436e3d2

個人的おすすめ商業BL【basso】

「これは誰かに教えたい!」「でも身近に腐女子がいない!」
そんな私が紹介する商業BLまとめです。
更新日: 2014年05月13日 16:23
5367views

クマとインテリ

初老のインテリ政治家ファウスト・カッラーロはバカンス先でカメラマンの熊男ブルーノと出会う。全く好みのタイプではなかったブルーノに次第にひかれていくファウストだが…
年齢も立場も越えた愛情をドラマチックに描いた表題作と、三十枚以上の描き下ろし作品の「ジェラートにまつわる三つの短編」を加えた、「イタリア男、スーツ、眼鏡」満載の小粋なエスプリ溢れる一冊!!

内容紹介

オヤジと青年、スーツにジェラードにカフェに眼鏡と、とにかく一度読んだら忘れられない味わいで、癖になりそうですよ。

シマメイさんのレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A23AJUF02HMBE0/ref=cm_cr_dp_pdp

独特の空気感は相変わらず秀逸で、読む人をずるずると引き込んでくれます。まるでミニシアター系のイタリア映画を髣髴とさせるオシャレでステキなお話の数々は一見の価値有り。

シナコさんのレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A1KJPRKZJOQOCE/ref=cm_cr_dp_pdp

はじめて買った商業BLなのでとても思い出深いです。
もう8年……今読み返しても、やっぱり萌えは色褪せない!
カッラーロがだんだんとブルーノに絆されていく様子は、いつ見てもよいものです。

ナカさんのながれ

ラーメン店長・ナカさんと、お客さんのマツシン君の、ごくごく普通の恋の物語。

内容紹介

一本の麺のような、サイレントムービーのような、そんなマンガ展で眺めたい作品でした。

727236さんのレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A2S3BEQCH2VC0R/ref=cm_cr_dp_pdp

元々この方の特長は性描写ではなく話運びの妙や台詞回しの味わいにあり、本作でもこの方独特のコマ間に流れ
る豊かな叙情を押し出し読後は静かな幸福で満たされます。

cureさんのレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A1OA4ZPKKPKZF0/ref=cm_cr_dp_pdp

イタリアものが多いbassoさんのBL作品の中で唯一の日本もの。
「マツシンくんも好きだけど、ラーメンが一番なんだ!」というナカさんですが、
言葉や行動の端々にマツシンくんへの思いが溢れているように見えます。
ナカさんが愛するラーメンを心の底から愛してくれてるマツシンくん。
その包容力に圧倒されます。

アルとネーリとその周辺

アルとネーリ、そして、イタリアの恋多き人々。

自称三流政治家のアルビーノ・ドルチ(通称:アル)は、
現在同性の恋人(?)ネーリと同棲中。
そんな彼と、騒がしくも愛すべき周辺の人々のお話。
『クマとインテリ』『amato amaro』に続く、イタリア政治家シリーズ第3弾!

内容紹介

本命がいるのに、簡単に他の人とキスしたり関係を持ったりしているキャラたちが、大人なんだか子供なんだか。

まつりさんのレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/AVWMNQFUS113W/ref=cm_cr_dp_pdp

今回初登場の人物では、アルの所属政党の支部に入党した「くまさん」風情のウーゴがとても可愛い。作中には様々なタイプの男性が登場しますが、どの人物も完璧でない人間臭さが漂う処が良い。

cureさんのレビュー
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A1OA4ZPKKPKZF0/ref=cm_cr_pr_pdp

まず、表紙のアルが悩ましい!
bassoさんの作品は一本一本の線に、その線にしかできない役割があるように感じます。
付き合ってるはずなのに、つかず離れずの距離感。
政治活動には真剣なのに、好きな相手には臆病な男たちが愛おしくなります。