【吉永あかね】吉永あかねは好きだけど – 着衣巨乳フェティシズム あかねのニット編

着衣巨乳フェティシズム あかねのニット編

着衣巨乳、それは秘められた美学。

ふとした瞬間、日常で見える胸の膨らみだけでヌケる貴方のためのフェティッシュ着衣巨乳映像が満載。

着衣デートにおっぱいぶっかけ、ハメ撮りまで、たっぷり視姦+たっぷり乳いじりで着衣おっぱい120%満足を保証致します。

「着衣巨乳フェティシズム あかねのニット編」の本編動画はこちらから

女優名: 吉永あかね

吉永あかねファンなら及第点

確かに長い割に低周波。

ただ、吉永あかねの爆乳は最高の舐め心地、チンポいたぶり心地であることを証明してくれて入る。

着衣集団ぶっかけは、最後思いっきり顔射シーンがあり、着衣ビデオ的にはいまいち、一方で、よほど男優が欲望を抑えられなくなり、ただ単にあかねちゃんの可愛い顔を自分のザーメンで汚す姿を一生記録に残しておきたかったのだろうという意味では、リアルさが増しているとも受け止められる。

全体的には、おっぱいを楽しむ以上に、吉永あかねちゃんはそのオッパイゆえに、当然爆乳丸出しならばそれを舐められ、チンポが味わい精子をかけられるし、洋服を着ていてさえも、沢山の男の人のザーメンで汚されちゃう。

つまり、どんなときもザーメンぶっかけられちゃう運命にあるという辱めを楽しみながら抜く作品です。

AVは進化している。

着衣もフェチも進化している。

冒頭の、パケ写のセーター着せたまま、ラストのグレーのチューブトップ着せたままがおすすめで、着衣巨乳フルコースがこれでもかと見せてもらえる。

途中、ちょっと股間やお尻にいったりもするが、さすがに人間の生理として乳だけでセックスをやり通すのは無理があるか。

しかし最小限の時間に押さえて、あとはフェチに時間を捧げてくれている。

吉永あかねの作品の中でも最高。

ただ、一つあえて苦言を呈すと男の期待に応えすぎて「媚び」に見えてしまうところ。

それがどの作品でも続くんでちょっと鼻について飽きてきた。

おっぱい提供はして欲しいんだけど、「どうぞいっぱい揉んで」と言われるより「やだぁ、そんなに好きなの?…仕方ないなあ」と言われる方が興奮することもあるんだよ。

仕事に真面目そうな子なんで、バリエーション増やしてもっといい女優になって欲しい。

顔もだんだん可愛くなってるしね。

やれプレミアム

着衣特有のエロさが皆無。

服はただ胸を隠してるだけの無意味な絡み。

せっかくの女優もきれいに撮れてない大体、ほとんどブラも着けてない内容なのに、この題名は完全に矛盾している。

こんな監督は大バカだ、やめてしまえ、土下座して詫びてほしい。

否定なレビューがあるけれども

巨乳にニット系着衣は、かなりいいと思いますニットを着ながら、オッパイを揉みしだかれ手コキをしてぶっかけられてるシーンはかなり汚される感じは好きです ドロドロですよオッパイがザーメンでテカテカなのは見ごたえあり

吉永あかねは好きだけど

同シリーズの長澤あずさや仁科百華には見劣りします。

派手なシーンが少ないからでしょうか。

電車の痴●シーンがないからかもしれません。

威勢のいいパイズリ挟射が一回だけ在りますが、タイトルから想像するないようではないですね。

「着衣巨乳フェティシズム あかねのニット編」の本編動画はこちらから