【逢見リカ】最近巨乳になった思春期の従妹と – 最近巨乳になった思春期の従妹と帰省先でこっそりヤリまくった2日間の思い出 逢見リカ

最近巨乳になった思春期の従妹と帰省先でこっそりヤリまくった2日間の思い出 逢見リカ

久しぶりに訪れる祖母の家。

親戚に囲まれて過ごす憂鬱な時間が始まると思っていた、あの子に会うまでは。

母親と2人暮らしで3つ下の女の子。

ボクの記憶ではまだ●学生ぐらいだったのに、今では艶やかな肌と制服がはち切れそうなほど大きくなったおっぱいの女性に成長していた…。

思春期で性に興味津々の従妹とボクの親たちには言えない秘密の夏休み。

「最近巨乳になった思春期の従妹と帰省先でこっそりヤリまくった2日間の思い出 逢見リカ」の本編動画はこちらから

女優名: 逢見リカ

浴衣姿がたまらない

こっそりっていうシチュエーションがものすごく素晴らしい?着たままなのも素晴らしいし、声を我慢しているりかたんがたまらなくかわいい!本当に素敵な作品なので、せびみてほしい?

脚本も女優も最高

脚本も男優も女優も素晴らしい。

今年で見たものの中でトップクラス。

逢見リカの魅力だけでも凄いのに!

小さいのに巨乳で美形な顔こんな従妹がいたらそりゃあ手を出すよね(^_^)撮影が上手いのとカメラアングルで萌える脚本もちょうどよい感じです逢見リカファン必見の作品です

一年後の未来など誰にも判らない

田舎に帰るシリーズは、ほとんど悲恋で終わるものだと似たような作品を振り返りながら観たが、始まってからの展開にじっくり魅入ってしまった。

ハマり役の主役2人が織りなす雰囲気、緊張感は安易な言葉で語れない。

最後の終わり方も程良い余韻を残して、満足しきり。

ドラマ派の自分にとっては、とても良い作品です。

クオリティーの高い脚本と結城の激しいピストンとベロチュウが見もの

超ド田舎の土間で親戚が多数いる側にて逢見リカと従兄弟の結城結弦がベロチュウファックする初っ端のシーンがエロい。

制服スカート着衣なのでエロさ千倍。

逆にここはスカートを脱がしてしまい全裸だと0点で紙一重でした。

親戚が直ぐ側にいるのに若さのゆえ発情を抑えきれない逢見リカがトランスがかっていて見応えある。

土間では蚊取り線香が炊かれているのもリアルで良い。

よほどド田舎で本当に蚊に悩まされていたのでしょう。

大変な現場です!親戚にバレないよう必死で喘ぎ声を堪えて長時間ベロチュウファックする逢見リカ。

結城の立ちバックが激しく、どう考えても聞こえていそうな程、我慢しても喘ぎ声が出ているのが良かった。

余りの気持ちよさに堪えきれなかったのでしょう。

制服スカート着衣での立ちバックエロい。

上半身だけ全裸なのも背が低いのに巨乳な逢見リカに合っています。

メイクが少々老け気味なので工夫が欲しい。

立ちバックから尻射だが、ここは若者らしく顔射でぶっ放して欲しかった。

事後ベロチュウ有りだがその前にお掃除フェラがないのが惜しい。

ザーメン味の事後ベロチュウを!屋根裏部屋でのセックスは腹出しで見どころ薄い。

ラストの浴衣着衣でのセックスは素晴らしい。

結城弓弦のバックでの超高速ピスに逢見リカが何度もマジ逝きしていました!これは気持ちよさそう!オーラスは正常位から顔射。

だいしゅきホールドと事後ザーメンベロチュウがあれば尚良かった。

この若い2人は毎年帰省の度、ヤりまくることでしょう。

逢見リカの急激な老け顔化(タイ人風)が気がかりだが、企画内容や脚本は完璧でした!

押してくる女の子が好きなら買って損はない!

女優の攻めが凄いです。

【星3】バレないシチュエーションと女優の演技で興奮しました。

【星2】攻めすぎたからか、後半に男がクズな事実が発覚します。

これは人それぞれですが、彼女なし設定の方が見たかったな。

【それで一つ減点!】そこから浴衣プレイが興奮できたのに(;ω;)この女優のこれからも期待したいですね。

最近巨乳になった思春期の従妹と

うーん、いつものタイトル〇〇日間設定とは撮り方なんかは若干違うんですがなんたって絡みが温いいとこの設定なんだからもう少し激しくてもいいと思うこの男優はこんなしょぼくはないので、これが全てだった良かった点は、いつものスマホややたら遠いアングルが無いって所かな悪かった点は、個人的には田舎の和風の家と言うのも頂けませんね雰囲気はあるのだがそれによって暗めの押し入れでの絡みや、最後は夏っぽい風の浴衣を着て和室での着衣こういう演出をやりかったんだろうなって最初の声我慢風、2番目の押し入れでの閉塞感、これでは点数は自分には上がらないドラマとしては雰囲気込みでよく作ってるかもしれませんね。

「最近巨乳になった思春期の従妹と帰省先でこっそりヤリまくった2日間の思い出 逢見リカ」の本編動画はこちらから