【二階堂ゆり】視聴者を最高のエロヴァーチャル世界に導く二重の背徳の仕掛け – 【VR】義母ゆり Hカップ巨乳にむっちりとした太ももと巨尻、ミニスカートの義母さんがエロすぎてつい卑猥な目で見てしまう… 二階堂ゆり

【VR】義母ゆり Hカップ巨乳にむっちりとした太ももと巨尻、ミニスカートの義母さんがエロすぎてつい卑猥な目で見てしまう… 二階堂ゆり

溜池ゴローVR初監督作品!ムレムレで魅力的な人妻の日常、洗濯、掃除を舐めますように観賞、この世界観はVRでこそ活かされる!人妻とは思えないHカップの美巨乳に白く透き通るような美肌、義理とはいえ母親を性的な目で見てしまう…。

長編でお送りする本格ドラマ作品!視点固定ではなく自由な目線でじっくりねっとりと日常のエロを楽しむ溜池ゴローVR!

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。

「【VR】義母ゆり Hカップ巨乳にむっちりとした太ももと巨尻、ミニスカートの義母さんがエロすぎてつい卑猥な目で見てしまう… 二階堂ゆり」の本編動画はこちらから

女優名: 二階堂ゆり

VRは次のステップに移ったと実感できる作品

①まず第一に二階堂ゆりさんの演技力は相当に高い。

特に女優がやさしくリードするような作品では、やさしく吐息のようにささやく声や目線はとろけます。

②SODは良作を数少なく提供してくれる優良メーカーだと改めて実感しました。

③これまでのVR撮影カメラは基本固定だったと思いますが、この作品ではカメラがゆりさんをなめまわすように移動します。

まずこれにビックリした。

④VRでない作品(2D)の良いところと3Dの臨場感の良いところを掛け合わせた作品。

ちなみに全編3DVRですよ。

ただし前半はVR酔いする人もいると思います。

⑤ゆりさんのソファーの横に座ってのフェラは最高に気持ちええ!⑥画質・カメラ視点などの基本的な部分はSODなのでハイレベルです。

⑦値段は高いですが、時間も長い作品ですし、満足度は高いです。

星5です。

(私はVRにてゆりさんのファンになったので)

義母役どハマり

ゆりさん、義母役どハマりです。

年齢的にも、あのむっちりとしたエロいカラダも、義母という言葉をこれほどいやらしくする女優さんはなかなかほかにはいないと思います。

右目だけぼやける!PS4proPSVR

主観でえっちするパートに入ると右目の映像だけぼやけます!差し替えられるなら変えてほしいぼやけるといっても画質が悪くなる感じで見えなくなるわけではないしおばさんっぽくてエロかったので星4とりあえず差し替えてください

素晴らしい

義母という設定ですが、義母が苦手な方でも楽しめる作品かと思います。

前半、普段、女性を前にしたら絶対に見たくても見られないチラリズムが目の前で味わえるVRならではのシーンは、恐らく男性諸君皆待ち望んでいた光景だと思います。

後半、熱の看病という設定の中、身体を拭いてもらうシーンの際、女優さんの顔が間近に来る所は息がかかっている様な感覚も味わえる位リアルでカメラアングルも良いと思います。

(個人的にはこのシーンはかなりドキドキしました)耳をナメられるシーンでは音も中々生々しくて、音フェチの方の気持ちが分かる瞬間を味わえました笑手コキ、フェラ、本番シーンはまぁ特に何て事無い様に感じましたが、VRという特殊な見方をしていると、普段、有りそうで無さそうで何気に有りそうなシチュエーションの方がリアリティに優れるからでしょうか??そこは個人の差が出る部分だと思います。

女優さんは文句無しで、清楚で綺麗で肉付きが程よくエロくて良いと思いますよ。

フェチ必見

今更ですが、前半のミニスカでの家事シーンがフェチには最高です。

なめまわすような視線で前後左右からじっくり見られます。

女優さんも好みだったし、最近VRを見始めて、小人化が気になっていたのが、これはほとんど等身大で迫ってきます。

なにが違うんでしょうね。

二階堂さんのフアンになりました。

レビュー通り

前半で感情をコントロールされ後半にクライマックスを持って行くでも、だんだん前半のチャプターに惹かれています現実でこんな風にジロジロ女性を見てると通報されますからねそういう欲求をこの作品で満たしてもらいました兎に角、カメラワークが素晴らしい2Dを単にカメラ変えて撮れば良い後は女優の距離感や演技力というような動画を作品と思ってないような製作者とは違ってVRは何が2Dと違うのか?変えなきゃいけない所はどこかと凄く考えて作品を作っている溜池ゴロー氏をほんと尊敬しますBGMなども大事だと思いますバイノーラルを楽しむ為にイヤフォーンをするのでゆったりとした甘美な単純なメロディーの繰り返しのような雰囲気を作ってくれる音楽は要素ですがあまり付いてないかな~もう少し有ってもいいかとでも、細かい所を追求しているゴロー氏はやっぱりちょっと違う

アイデアは良いが…

①②は自分は見れたもんじゃなかった。

終始ゆらゆら揺れて気持ち悪い。

もう少しなんとかならなかったものか…。

後半は固定でしたので普通のVRに戻った感じです

チャレンジしてることへの評価

チャプター1・2がカメラ自体が動きながら色んな角度で二階堂さんの全身を見ることが出来るということ自体は非常に好評価。

しかし、自分にはVR酔いが厳しい。

こればかりは個人差がかなりあると思われるので一概にダメとは言い難いが、弱い人は特別きついと思いますので注意。

酔いが辛くあまり細かく見れていませんが、実際に動いているVR映像での印象として、わざわざVRで動く必要あるのかなという感想もあります。

主観モノのAVを凄い近い距離で見たらこんな感じなのでは。

というふうに思えました。

実際エロのシーンメインの3・4チャプターに入ったら通常のVRAVと同じで固定定点モノになりました。

まだ技術的な部分なのか、酔いのせいなのかわかりませんが、視点が動く中でのVRAVは難しいということなのかな。

後これは自分が落としたファイルだけに起こっているのかわかりませんが、右目側で見ている映像が非常に荒いというかボケているように思います。

ダウンロードし直したり、他のタイトルとかでは全くそんなことが起こっていなかったので、この動画特有のモノ?そのせいか、全体的に見づらさがありました。

エロのシーンはさすが二階堂さんという感じです。

対面座位などもあり大きな問題はありませんが、基本的に同じ体位(チャプター3では寝てる、チャプター4は座ってる)なのでもう少しバリエーションは欲しかったかなと思いました。

とはいえ、こういったドラマ系のタイトルはVRでは見たことほとんどないのでまた見てみたいと思えるものでした。

リアル視姦

VRでカメラを固定せず、女優をなめるように追いかけることでリアルに視姦しているようでした。

前半の人妻の家事姿に興奮しました。

干してる洗濯物盗みそうになった。

今後も溜池作品でVRを期待します。

キツイ

女優や、服装やシチュエーションは良いのですが、シーン1と2はカメラワークが安定しておらず、ゆらゆらと揺れており、酔いそうになります。

酔い易い人は注意してください。

正直、タイトなミニスカから覗くTバックのパンチラは好物なだけに残念です。

いいですよ

画質まーよし!女優きれい!熟女系だとよいと思います熟女系での面白いシュチュエーションないかなちょいマンネリ

新たなVR革命

最初観た時は、ただの3DのAVかと思ったが次第にその丁寧に作られたストーリーに引き込まれてしまう。

出演女優も好きな女優の一人。

この作品は、何といってもカメラワークが素晴らしい。

そこには溜池ゴロ―監督独特の世界現実と妄想が入り混じっており妄想シーンでは、体を舐めまわすようなシーン体のラインや胸の膨らみ、お尻や足などをカメラで舐めまわして見ることにより観ている側も妄想が膨らむような作り。

オイルまみれの女優がオナニーをしている様をカメラで舐めまわすシーンは特に必見!綺麗な体に思わずうっとりしてしまう。

絡みの際の女優の汗が、より興奮度を高める。

値段は少し高いけれども、それ以上の価値はある作品。

ストーリーを重視する人にもおススメ。

義母物が好きなら必見!!画質も素晴らしいし、また新たなジャンルが生まれた記念すべき作品。

見せ方、演技が上手かった素晴らしい作品

さすが溜池ゴロー監督!日常のエロスを丁寧に見せてくれます。

VRだと一本調子になりがちな所を掃除や洗濯している日常生活を使ったチラリズムで楽しませてもらいました。

あまりカメラを動かし過ぎるとVR酔いしてしまう所をギリギリの動きで対応したのが高評価です。

また二階堂ゆりさんの演技も素晴らしかった!カットがなくカメラ目線での長尺演技は難しいと思いますが見事に演じてくれています。

男優が会話が出来ない状況の中でダラけず最後まで話しかけるのは苦労があったでしょう。

綺麗な顔立ちで笑顔が可愛い方なので好きな女優さんです。

難点は近すぎる接写では焦点が合わず酔いそうになりましたがこれは個人差があるのかもしれません。

また他の人の意見でもありますがSEXのバリエーション、長さがもう少しあればありがたかったです。

(それでも十分ですが)溜池ゴロー監督のVR参加で様々なバリエーションが出てくる事も期待して星5つです!

すごい

今まで数十本のVR作品を購入してきました。

女優さんの好みなどは別として、画質、サイズ感、音声、距離感などは群を抜いている。

ここ最近VRが流行りはじめ、まだVRに適した動画を撮れないVR新人監督が多いせいか★1レベルのだめ作品ばかり続いたがこれは個人的に女優さん好みじゃないけどそれでも抜けるこの監督で自分の好きな女優さんで作品作ってほしいわこれは素晴らしい。

VR買ったら 入れとけ

目の前に人が居る感じがいい○聴覚的に耳元での囁きがいい○近親相姦ものだけど大人のエロス感がいい○マイナス点をつけるなら、何処で抜くか?ってところ次回作も必ず買いますもし読んでいたら必ず作ってください。

これはヌケル

ゆりちゃんの体サイコー下手な絡み見るよりゆりちゃんの女体をじっくり見てるだけてヌケル現実に戻りたくなくなるわ~ぜひ義母ゆり2をお願いします

ため池ゴローさすが、革命です。

いつもため池ゴロー監督が使うカメラで女優の体を舐めまわすようなアングルの数々がVRだと自分の目で実際に近くで視姦しているような感覚になります。

しかもそのアングルが全て的確にエロい、その他のキスの間合いや女優の距離感共にグッジョブです。

耳元で囁かれながらしごかれる場面やSEXシーンとにかく抜き何処満載、普通のビデオのようなドラマ的要素も強く没入感抜群、僕の大好きな二階堂ゆりさんの演技も最高だし、その素晴らしい肉感をまた見事な見せ方で見せてくれますよ!何だか業者のサクラみたいなコメントになりましたが、30本位評価の良い作品中心に見ましたが、その中でも一推しの名作に僕の中でなりました、ありがとうゴロー、ゆりさん、また頼んます。

最後に一つだけ一長一短な部分かもですが、通常固定的な視点が舐めまわすように動くのでちょっと酔いそうにもなるかもですがそこがエロい演出でもあるのでやっは許そう??

最高です

前半は掃除のシーンなど、さすがに冗長な感じがしたが、後半の密着感、没入感はかなりのもの。

これは監督の手腕と女優の演技の上手さによるものだろうけど、さすがSODVR、素晴らしい。

とにかく映像のクオリティが高く、抜きどころも満載だ。

是非、これからもシリーズ化してもらいたい。

まあ、好みもあるかもしれないが、VR業界自体、同じような作品と女優さんばかりで飽きてきたところなので、これは星5個でも足りないくらい新鮮でよかったと思う。

マニア必見!

監督が良いだけに名作です。

アングルや視点が良いです。

監督のシリーズの【巨乳嫁を確実に孕ませたい】のVR作品がみたいです!hitomiさんで!今回は痴女作品だったので次回はレ●プ物に期待します。

VRで多いのですが下着を触る脱がす時に目の前で行って欲しいです。

遠巻きだと興奮度が下がりますのて。

それでこそ、VRの良さが生きるのでは!

バタ臭い

バタ臭い顔がとてもエロい。

ムッチムチの身体がそそります。

お尻をもっと見たいので星4です。

ムチムチがたまらんチャレンジ作品

カメラが動きます。

初めての体験で、少し酔いもありました。

ただそれを補って余りあるエロ接写!ムチムチ汗だくのタイトニット、タイトスカートをガン見するためなら喜んで我慢します!二階堂ゆりの魅力がたっぷり詰まった素晴らしい良作でした。

何と言っても初の溜池VR作品

溜池作品のカメラワークはローアングルを多用し、往年の名監督・小津●二郎作品を彷彿とさせる!と言っては褒めすぎでしょうか(小津作品はカメラ固定が基本ですけどねw)。

色んな意見、感じ方は人それそれ違いますが、何と言っても初の溜池VR作品です。

ユーザーにも業界にも多いであろう溜池作品ファンであれば、やはり一見する価値はあるのかも知れません。

ただし、初VRや挑戦という観点を踏まえた上で、やはりコレはVR作品としてどうよ?という印象はありますねぇ。

舐めるようなローアングルは視点が定まらず、やはりVRでは気持ち悪いです。

酔います。

しかも約2時間作品ですからねぇ。

まず「実用的」ではないと思いますよ。

特にVR作品は機能的に、画面サーチが非常に困難というシロモノですから尚更です。

色々書きましたが、要は何に主題をおいているかによって評価は変わると思います。

でも繰り返しになりますが、「挑戦」という点には一定の評価を差し上げたく、この点数にさせていただきました。

2時間でハメ10分・・・でも★5

スケールは普通で前半の画質はいい。

内容的には・・・PART.1透明人間になってパンチラ・胸チラじっくり観賞。

/カメラがヌルヌル動くのが新鮮。

リアル社会では出来ない、至近距離でまじまじと女体観賞体験ができます。

カメラが動くことで特に酔うとか気持ち悪くはならなかったです。

PART.2妄想の義母オナニーを至近距離で観賞。

/ここもカメラが至近距離で体を舐めるように動きます。

オイルでヌルヌルのオッパイと腋が至近距離まで迫ってきてエロくセクシーでした。

PART.3病気になって義母のエロ看病/ここからはカメラ固定です。

このパートは密着度が高くバイノーラル音声を活かした耳元での囁きなどあり一番良かったです。

熱を下げるため(笑)あちこち舐めてくれます。

特に”ペロペロ”顔舐め・”ジュボジュボ”耳舐め・指舐めが良かったです。

あとフェラや乳首舐めもあります。

とにかく二階堂さんの演技や喋りが素晴らしく、オトナのエロ優しいオーラに包まれて凄く癒されました。

finはテコキでしたけど、男優のザーメンの勢いと飛距離が凄くて(頭上を越えてった)(笑)この辺も女優さんの力量の表れかと思います。

ただ、残念だったのが、カメラが固定になってからどうも右目の映像が若干ピンボケしていて、引いた画の時には気になりました。

(ほぼ寄り画なんでそんなには気にならないですが・・・)あと、キスの位置が左にズレてる場合が多いのも残念でした。

PART.4やっと義母とのハメ/後ろに親父が寝てるのを気にしながらのプレイです。

右目の映像の若干ピンボケが継続していて引いた画の時には違和感ありました。

あと、照明当てすぎて若干映像がぼんやりしてました。

ハメが対面座位と背面座位しかなく10分ほどで終わっちゃったのは残念。

残念な部分は数点ありますが、こんなにシチュエーションに拘って本気で丁寧に作られたAVVRは他に無く、素晴らしい女優さんの演技力と監督さんの熱意を評価して★5です。

ただ、2時間でハメ10分なんで、ストーリーやシチュエーションを重視しない人には向かないかと思います。

カメラが動いて酔います

フェチ的なシーンは良いのですがカメラが動いて酔うのでいつ動くか警戒する気持ちがどっかにあって集中できませんでした。

それ以外は見せ方も上手いと思います

VRならでは

舐めまわすようなカメラワーク。

普段見たくても見られない位置からの接写。

男の欲望が満たされるようなVR。

他のVRは、ただ動画が立体になっただけ。

もっとこういうVRが見たい。

AV新古典主義にして一つの到達点

「美しい義母との背徳の関係」はAVに於いてある意味スタンダードなテーマかもしれないが、耽美と情緒、日常と非日常を抱括し、美しい女優さんをしっかり美しく撮れる溜池ゴロー氏はサスガの一言である。

今作はVRのさらなる可能性を模索追求しながらも、例えば三島由紀夫の言うところの「よろめき」のような概念。

古くは源氏物語藤壺の宮。

そうゆうところから脈々と受け継がれてきたジャパニーズ・エロスをの「つぼ」とも言える心理が、作品の中に丁寧に織り込まれている。

日常に押し込めるにはあまりにも卑猥な義母の肉体。

イケナイことと理解しつつも、欲望が理性を踏み越えてしまう瞬間。

VRはそこにリアリズムを持ち込んだ。

言葉にすると在り来たりだが、ここまでしっかりした作品を作れる監督はそうそういない。

AV文化の一つの到達点のように感じた。

添い寝手コキがお気に入りです

良いと思いますね

チャプター1.2のカメラ移動は、自分は全然酔いませんでした。

ゲームで慣れてるからでしょうか。

1周目は、充分問題なく楽しめました個人的な感想では、1軍入りしそうな感じです本番は確かに短いですけど、抜きどころが少ないってことでもないと思いましたね

これは最高!!

レビューがよかったので買ってみましたが、まさに期待を裏切らない作品でした。

想像を掻き立てるようなカメラワークと、ムレムレな人妻の色気をふんだんに感じさせる演出は、もう本番無くてもいいくらい興奮させられる完成度です。

こういうVR作品をどんどん作って欲しい!

溜池ゴロー監督バンザイ!

これは凄い!まさにボッキの真髄。

VRの良さを十二分に楽しめました??人妻の女体を舐めまわすようなカメラワーク、今まで観たVR作品でNO1かも??

これはいい

こういうVRを待ってました。

前半は、まるで自分が透明人間にでもなって、家事をしている女性を舐めるように見てる感じが味わえます。

何なら全編こんな感じでもいい(笑)さすがSOD。

また期待してます。

いくら何でも・・・

いくら何でも、この長尺でセッ●スシーンが約10分ソコソコとは少な過ぎ^^;良い評価をしている人は、たぶん目的が違うんだろうなぁ。

値段も高いし。

二階堂ゆりサンがエロいのは認めるけど。

ストーリーや映像を楽しみたいなら、自分は普通に映画みるよ^^;

視聴者を最高のエロヴァーチャル世界に導く二重の背徳の仕掛け

義理の関係にある母と息子の背徳セックスというAVによくあるパターン。

しかし、そのよくあるパターンを使って、VRの常識を超えて、視点移動のカメラワークを駆使し、さらに二重の背徳性を仕掛けて、視聴者を最高のエロのヴァーチャル世界に導いた溜池監督の手腕とこのエロ世界を見事に演じきった二階堂ゆりさんに脱帽。

特に、第2幕と第4幕が素晴らしい。

第2幕は、視点移動カメラワークならではの、360度のゆりちゃんのストリップandオナニーショウだ。

下から見上げた時の一糸まとわぬゆりちゃんの裸体は圧巻だ。

このアングルから、豊かなおっぱいと大きなお尻とま○こを見上げるシーンがないと、エロじいさんは満足しない。

第3幕は、あれほど、義理の息子を思い浮かべると、あそこが濡れてくるといっていたゆりちゃんが、肝心の挿入をしないで終わる。

変だと思っていると、監督は最終幕で、わざわざ、泥●して眠っている夫の前で、義理の息子とセックスし、絶頂に達するという、更なる背徳シーンをもってくる。

この背徳の為には、第3幕で、挿入してはダメなのだ。

視聴者はこの更なる背徳のワナにかかって、ゆりちゃんと一緒に果てるという、至福の時を迎える。

「【VR】義母ゆり Hカップ巨乳にむっちりとした太ももと巨尻、ミニスカートの義母さんがエロすぎてつい卑猥な目で見てしまう… 二階堂ゆり」の本編動画はこちらから